住宅には給湯器が設置されていることになり、お湯を使う水周りの設備では欠かすことのできない機器類として利用されています。一般的な使い方の例としては、ガス給湯器などを用いて浴室にお湯を入れたり、シャワーを使うような場面、洗面台で洗顔する際いも活用できます。キッチンでもお湯を蛇口から出す場面では必ず必要になり、多くの生活シーンで活用されています。給湯器には寿命があり、長い期間を使っていると老朽化が進んでしまいます。

トラブルなどが発生してしまうと生活上でも不便さを感じることになり、給湯器交換を行うことが推奨されています。特に10年の使用を過ぎているような機種が壊れてしまったならば、新しい機種に給湯器交換を行うことがコスト的にも良い方法と言われています。現在では新しい給湯器の殆どがエコ仕様に設定されていて、少ないガスの使用で従来型の機種よりも効率の良いお湯を作り出すことに成功しています。このタイプへと給湯器交換を行った場合では、ガス料金などを大幅に節約することができ、ロスとして流してしまう水の量も減ることにつながり、結果的に水道料金の節約にも貢献できます。

実際に提供されている給湯器の中には屋内設置用や屋外設置用などに分かれており、設置基準は設けられているものの、どのような住宅でも対応させることができます。二酸化炭素の排出を軽減できるので地球環境にも優れた効果を発揮しますが、家計の負担を少なくできることも大きなメリットです。