キッチンの洗い場で洗い物をしていたら、急に水が流れなくなったことはありませんか。もしかしたらそれ、水道のつまりが発生しているかもしれません。岡山でそういったことが起こったら大変なことになりますから、ならないようにすることがとても重要になってきます。ちょっとしたことで予防することが出来ますから、岡山にお住まいの方は是非参考にしてみてください。

水道のつまりが起こらないようにするためにまず重要になるのが、変なものを流さないということです。当たり前のことですが、大きなものをそのまま流してしまえば詰まってしまう可能性が高くなります。ただ、ほとんどのところでは網がそうならないように設置されていますから、網を取り外さなければ問題はないでしょう。しかし、網を通過してしまうものも存在します。

例えば、油はいとも簡単に通過してしまいます。通過するだけならいいのですが、油の良くないところは徐々にパイプの中に溜まってしまうことです。動脈硬化の血管みたいにだんだん幅が狭くなってしまい最終的には詰まりの原因となります。こうならないためにも、油は洗い場に流すのではなく、新聞紙などに吸収させてから燃えるゴミに捨てるか、固めて処理するといいでしょう。

また、同時にパイプの中のものを溶かしてくれる薬剤がありますから、定期的にそれを使って掃除しておくと詰まる確率をかなり減らすことが可能です。水道のつまりは岡山でも起こります。注意してください。岡山の水道のつまりのことならこちら