洗面所では手や顔を洗ったり、お化粧や身だしなみを整えるなど、家の水まわりでも重要な設備の1つと言えます。ただしその分、利用頻度も高くなるため、設備への負担も大きくなる傾向が強まります。結果的には経年劣化が進みやすく、様々な異変や故障が目立ち始めます。例えば水漏れなどは典型的なケース。

ハンドルを閉めても蛇口や小型シャワーからポタポタと水が止まらない、蛇口以外の箇所からチョロチョロと水が流れ出す、洗面台の下にカビが生えたり水浸しになることが多い等、岡山でもこれまで数々の報告があります。最初の頃は症状が軽いように見えても、そのままにしておくと、給水管や洗面ボウルあるいは床や壁など、周囲の健全な水道設備や建材にまでダメージが拡がってしまいます。したがって少しでも異変を感じたら、できるだけ迅速に修理をすることが求められます。水漏れの原因でよくあるのが、パーツ類の経年劣化です。

長年にわたり使用していると、水栓内部のコマが摩耗したり、蛇口の接続部パッキンに亀裂が入るなど、様々な劣化症状が目立つようになります。そこから徐々に水漏れする症状を見逃さずに、初期の時点で対処することが大切です。修理では消耗品であるパーツの交換が中心。パーツ自体はホームセンター等でも手に入りますが、蛇口の解体や組み立ては、素人の方では難しいケースもあります。

初めから岡山で実績のある水道修理会社へ依頼する方が無難でしょう。洗面所では排水パイプやトラップの劣化によって、水漏れするケースも多々あります。腐食した部分から水が漏れ出すと、洗面台下の収納スペースにカビが生えたり、床が水浸しになることも。修理では大きな工事になることもあるため、岡山で信頼できる水道修理会社へ連絡すべきでしょう。